/

J1鹿島、新監督にザーゴ氏 元ブラジル代表

J1鹿島は2日、新監督に元ブラジル代表のアントニオ・カルロス・ザーゴ氏(50)が就任すると発表した。1日の天皇杯全日本選手権決勝を最後に、大岩剛監督が退任していた。

現役時代のザーゴ氏は1996年から97年にアントニオの登録名で柏に所属し、イタリア1部のローマなどでもプレーした。ブラジル代表では37試合3得点。指導者として主に母国のクラブを渡り歩き、今季はブラジル2部のブラガンチーノを1部昇格に導いた。「日本へ戻ることができてうれしい。重要な挑戦となる」とコメントした。

2018年からテクニカルディレクターを務めるジーコ氏との契約も更新した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン