/

堂安が今季3点目、遠藤航はフル出場 海外サッカー

【バルセロナ=共同】サッカーの海外各リーグは20日、各地で行われ、スペイン1部でヘタフェの久保建英はウエスカ戦で移籍後初先発し、右MFで1-0の後半35分までプレーした。チームはそのまま勝って久保建の加入後は2連勝とした。ウエスカの岡崎慎司は後半34分から出場した。

ドイツ1部でビーレフェルトの堂安律がシュツットガルト戦で後半41分に今季3ゴール目を決めた。同44分までプレーし、チームは3-0で快勝。シュツットガルトの遠藤航はフル出場した。

シュツットガルト戦でゴールを決め、祝福されるビーレフェルトの堂安=中央(20日、ビーレフェルト)=共同

アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠は2-2で引き分けたフライブルク戦で後半21分までプレー。鎌田大地は後半開始から出場した。ウニオン・ベルリンの遠藤渓太は0-1で敗れたライプチヒ戦の後半36分からプレーした。

フランス1部でマルセイユの酒井宏樹は0-1で敗れたランス戦にフル出場。長友佑都は後半21分に交代で退いた。ベルギー1部でシントトロイデンの鈴木優磨がコルトレイク戦で2試合連続となる2ゴールを決め、今季12得点とした。GKシュミット・ダニエルはフル出場し、試合は2-0で勝った。ベールスホットの鈴木武蔵は1-3で敗れたオイペン戦の後半33分までプレーした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン