/

競泳・井狩が400個メでV、やり投げ北口は「銀」 夏季ユニバ

【ナポリ(イタリア)=共同】ユニバーシアード夏季大会第8日は10日、イタリアのナポリなどで行われ、競泳の男子400メートル個人メドレーの井狩裕貴(イトマン近大)が日本水連の定めた派遣標準記録を突破する4分12秒54で金メダルを獲得した。同50メートル自由形の松井浩亮(新潟医療福祉大職)、女子400メートルメドレーリレーの日本(古林、深沢、相馬、今井)は銀。女子200メートルバタフライの持田早智(ルネサンス)は3位に入った。

競泳男子400メートル個人メドレーで優勝し表彰台に立つ井狩裕貴(10日、ナポリ)=共同

陸上の女子やり投げは日本記録保持者の北口榛花(日大)が60メートル15で銀メダル。サッカー女子の日本は準決勝でロシアを下し、決勝に進んだ。

卓球の男子ダブルスで五十嵐史弥(早大)酒井明日翔(シチズン時計)組、定松祐輔(日鉄物流ブレイザーズ)坪井勇磨(東京アート)組、女子ダブルスの安藤みなみ(十六銀行)笹尾明日香(早大)組は銅だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン