/

前回王者の仏、引き分け発進 サッカーW杯欧州予選

【ベルリン=共同】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の欧州予選が24日、各地で始まり、前回大会覇者でD組のフランスはホームでウクライナと1-1で引き分けた。

前回準優勝でH組のクロアチアはアウェーでスロベニアに0-1の黒星。A組はポルトガルが1-0でアゼルバイジャンを退け、ストイコビッチ監督が就任したセルビアは3-2でアイルランドに勝った。G組で2大会ぶりに本大会出場を目指すオランダは、敵地でトルコに2-4で屈した。

欧州の出場枠は13。55チームがA-J組に分かれる予選は11月まで行われ、各組1位が出場権を獲得する。各組2位などが来年3月のプレーオフで残り3枠を争う。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン