2019年9月20日(金)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

東京五輪ボクシング、開催国枠は男4・女2階級に

2019/6/20 7:59
保存
共有
印刷
その他

【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は19日、スイスのローザンヌで理事会第1日の審議を行い、2020年東京五輪での存続が決まったボクシングで日本に開催国枠として男子4、女子2階級の計6枠を与える予選方式を承認した。重量級は対象外。男子8、女子5階級の五輪実施が決まっており、来年1~4月の大陸予選などで日本を含めて各国・地域最大13枠を獲得できる。

2020年東京五輪のボクシングの予選方式について説明するIOCのマコネル競技部長(左)ら(19日、スイス・ローザンヌ)=共同

2020年東京五輪のボクシングの予選方式について説明するIOCのマコネル競技部長(左)ら(19日、スイス・ローザンヌ)=共同

男女平等の観点で男子の総出場枠は20減の186枠とし、女子を100枠に増やす。IOCのマコネル競技部長は、五輪予選が約半年後に迫る日程を考慮して現行の競技ルールを適用する見通しを示した。将来的な審判や採点のシステム改革に向けた検討は進める。

参加資格は1980~2001年生まれ。未定だった男子の実施階級と重量区分はフライ(48~52キロ)フェザー(52~57キロ)ライト(57~63キロ)ウエルター(63~69キロ)ミドル(69~75キロ)ライトヘビー(75~81キロ)ヘビー(81~91キロ)スーパーヘビー(91キロ以上)に決まった。理事会決定を24~26日の総会で諮り、唯一始まっていないチケット販売へ競技日程の確定など準備を急ぐ。

IOCは組織運営や財政、審判に問題を抱える国際ボクシング協会(AIBA)の資格停止を5月の理事会で決定。IOC委員で国際体操連盟会長の渡辺守成氏が座長を務める特別作業部会の改革案をこの日承認した。同部会のメンバーには国際柔道連盟のビゼール会長ら4人を選んだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

防衛戦に向け練習を公開したWBAライトフライ級スーパー王者の京口紘人(19日、東京都内)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が19日、東京都内の所属ジムで、同級1位の久田哲也(ハラダ)の挑戦を受ける2度目の防衛戦(10月1日・エディオンアリーナ大 …続き (1:16)

女子76キロ級で2位となり、表彰式で銀メダルを手にする皆川博恵(19日、ヌルスルタン)=共同

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=共同】レスリングの東京五輪予選を兼ねた世界選手権第6日は19日、カザフスタンのヌルスルタンで行われ、女子は東京五輪代表に決まった57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレ …続き (1:15)

女子57キロ級で優勝し、肩車で日の丸を掲げる川井梨紗子=共同

 「安心した部分と悔しい部分が複雑で……」。苦戦続きの日本女子チームを救った安堵と思わぬ追い上げにあったふがいなさと。ないまぜになった感情があふれ、川井梨が涙声を震わせた。
 昨年この階級を制している栄 …続き (19日 23:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。