/

堂安、ビーレフェルト退団 1部残留に貢献

【ベルリン=共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ビーレフェルトは9日、PSVアイントホーフェン(オランダ)から1シーズンの期限付きで移籍していた堂安律(22)の退団を発表した。

東京五輪での活躍が期待される左利きのアタッカーで、今季は5得点。2部から昇格したチームの1部残留に大きく貢献した。専門誌キッカー(電子版)によると、ビーレフェルトは500万ユーロ(約6億6500万円)の買い取りオプションの行使を断念した。

16日に23歳になる堂安はJ1のG大阪から2017年にフローニンゲン(オランダ)入り。19年にPSVと5年契約を結んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン