/

男子110メートル障害、高山は決勝逃す 世界陸上

【ドーハ=共同】陸上の世界選手権第6日は2日、ドーハで行われ、男子110メートル障害で日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)は準決勝で13秒58の3組6着にとどまり敗退した。決勝はグラント・ホロウェイ(米国)が13秒10で初制覇した。

男子110メートル障害準決勝で敗退した高山=山本博文撮影

同400メートル準決勝でウォルシュ・ジュリアン(富士通)は45秒13の3組4着で敗退。母が日本人のマイケル・ノーマン(米国)も45秒94の同組7着に終わった。

女子5000メートル予選で田中希実(豊田自動織機TC)は東京五輪の参加標準記録を突破する日本歴代3位の15分4秒66で1組6着となり、タイムで拾われ5日(日本時間6日未明)の決勝に進出。木村友香(資生堂)は15分53秒08の2組13着で敗退した。男子十種競技の右代啓祐(国士舘ク)は前半5種目を終え、3766点で20位。女子円盤投げの郡菜々佳(九州共立大)は48メートル82で予選敗退した。

女子200メートル決勝はディナ・アシャースミス(英国)が21秒88で初優勝し、男子ハンマー投げ決勝はパベウ・ファイデク(ポーランド)が80メートル50で4連覇を果たした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン