/

J1神戸が決勝T進出決める ACL、横浜Mも勝つ

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は25日、カタールのドーハで東地区1次リーグのG組第3戦が行われ、神戸が広州恒大(中国)を3-1で下し、勝ち点を6として決勝トーナメント進出を決めた。H組第3戦では横浜Mが上海上港(中国)に1-0で勝ち、3連勝の勝ち点9で首位を堅持した。

神戸は前半終了間際に古橋が先制。後半開始早々にオウンゴールで同点とされたが、ドウグラスのゴールで勝ち越すと、終盤にもイニエスタが追加した。横浜Mは後半にPKを与えたがGKオビのセーブでしのぎ、天野が決勝点を押し込んだ。

ACLは新型コロナウイルス感染拡大の影響で長期中断し、カタールでの集中開催となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン