/

レスリング園田、男子グレコで銅メダル アジア大会

男子グレコローマン130キロ級3位決定戦 インドネシア選手を攻める園田新(22日、ジャカルタ)=共同

ジャカルタ・アジア大会のレスリング男子グレコローマンスタイル4階級が行われ、日本勢は4人全員が決勝に進めなかった。130キロ級の園田新(ALSOK)は準決勝で負けて回った3位決定戦でインドネシア選手にフォール勝ちし、銅メダルを獲得した。

準決勝で敗れた77キロ級の屋比久翔平(ALSOK)は3位決定戦で中国選手に敗れた。

97キロ級の奈良勇太(警視庁)は初戦の2回戦でキルギス選手に屈して敗退。87キロ級の角雅人(自衛隊)は1回戦を突破したが、2回戦でインド選手に負けて敗者復活戦に回れなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン