日本のメダル獲得数

スピード

小平が銀、高木美は銅 スピード女子1000

平昌五輪
2018/2/14 20:52
保存
共有
印刷
その他

 平昌冬季五輪のスピードスケート女子1000メートルが行われ、世界記録保持者の小平奈緒(相沢病院)が1分13秒82で銀メダルを獲得した。1500メートル2位の高木美帆(日体大助手)は1分13秒98で銅メダル。郷亜里砂(イヨテツク)は1分15秒84で13位だった。ヨリン・テルモルス(オランダ)が1分13秒56の五輪新記録で初優勝した。

 高木美は1500メートルの銀に続くメダル。スピードスケートの日本選手による同一大会複数メダル獲得は、1998年長野五輪の男子500メートルで金、1000メートルで銅を手にした清水宏保以来、2人目となった。

 スピードスケートの個人種目で複数の日本勢が表彰台に立つのは、2010年バンクーバー五輪の男子500メートルで長島圭一郎が2位、加藤条治が3位となって以来で3度目。〔共同〕

■記録など詳細結果へ (iPhoneはこちら)

保存
共有
印刷
その他

平昌へ メダルへの道(雪上編)

平昌へ メダルへの道(氷上編)

スピード 一覧

金メダルを獲得し、表彰台で笑顔を見せる(右から)高木菜、高木美、佐藤、菊池=山本博文撮影

 スピードスケートの団体追い抜きで高木美帆(日体大助手)、高木菜那(日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)の日本女 …続き (1:20)

ソルトレークシティー合宿で記念写真に納まる、高校時代の高木菜那選手(左端)と高木美帆選手(右端)と恩師の東出先生(右から2人目)

 「妹は天才だが、姉は貪欲さとひたむきさではい上がってきた。姉妹は性格も素質も全く違う」。高木菜那、美帆両選手の出身校、北海 …続き (0:33)

コーナーを回る日本チーム

 日本スケート連盟はこの4年、メダル獲得を期待できる種目として団体追い抜きを重点的に強化してきた。
 2014年ソチ五輪前も定 …続き (1:30)