ラグビー

ラグビーTL、21年は25チームで 3部制の新リーグに反映

2020/7/22 22:50
保存
共有
印刷
その他

ラグビーのトップリーグ(TL)で来年1月に開幕予定の新シーズンに関し、2022年のスタートを目指す新リーグに参加意思を示す25チームで開催する方針であることが22日、関係者への取材で分かった。3部制で実施する新リーグの振り分けに反映させるのが狙い。同日に開かれた日本ラグビー協会の臨時理事会で方向性を確認し、今後も議論を進める。

参加の25チームは現在のTL全16チーム、下部トップチャレンジリーグ全8チーム、地域リーグ所属の中国電力。2段階のリーグ戦とトーナメント方式で優勝を争い、TL以外の9チームも勝ち上がれる案を中心に検討しているが、新型コロナウイルスの感染状況に応じて複数案を用意し会場調整などを進める。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 ラグビーのトップリーグ、リコーは1日、元オーストラリア代表15キャップのジョー・トマネと、同国20歳以下代表の経験があるアイザック・ルーカスのバックス2選手が加入したと発表した。〔共同〕 …続き (1日 15:54)

 日本ラグビー協会は30日、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、12月に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕予定の第100回全国高校ラグビー大会の開会式を中止すると発表した。大会の開催可否につい …続き (30日 19:18)

 日本ラグビー協会は28日、2021年シーズンのトップリーグ(TL)の概要を発表した。来年1月16日に開幕して5月まで開催。第1ステージ(S)はTL16チームで実施するが、第2Sには9チームの下部トッ …続き (28日 17:13)

ハイライト・スポーツ

[PR]