/

ラグビーTL、21年は25チームで 3部制の新リーグに反映

ラグビーのトップリーグ(TL)で来年1月に開幕予定の新シーズンに関し、2022年のスタートを目指す新リーグに参加意思を示す25チームで開催する方針であることが22日、関係者への取材で分かった。3部制で実施する新リーグの振り分けに反映させるのが狙い。同日に開かれた日本ラグビー協会の臨時理事会で方向性を確認し、今後も議論を進める。

参加の25チームは現在のTL全16チーム、下部トップチャレンジリーグ全8チーム、地域リーグ所属の中国電力。2段階のリーグ戦とトーナメント方式で優勝を争い、TL以外の9チームも勝ち上がれる案を中心に検討しているが、新型コロナウイルスの感染状況に応じて複数案を用意し会場調整などを進める。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン