/

レスリング文田、3年ぶり優勝 アジア選手権

【ニューデリー=共同】レスリングのアジア選手権第2日は19日、ニューデリーで男子グレコローマンスタイルの5階級が行われ、60キロ級では昨年の世界選手権王者で東京五輪代表の文田健一郎(ミキハウス)が初戦の2回戦から3試合を全て無失点で勝ち、3年ぶりに優勝した。

男子グレコローマン60キロ級決勝 キルギス選手と対戦する文田健一郎(19日、ニューデリー)=共同

67キロ級の下山田培(警視庁)と72キロ級の日下尚(日体大)は2回戦で屈し、敗者復活で回った3位決定戦でも敗れた。

五輪アジア予選に出場する97キロ級の奈良勇太(警視庁)は2回戦敗退。82キロ級の向井識起(自衛隊)は1次リーグで3戦全敗だった。

20日に女子が始まり、76キロ級で五輪代表の皆川博恵(クリナップ)が登場する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン