/

J1、柏が鹿島に快勝 湘南と広島は引き分け

明治安田J1第29節最終日(25日・川崎市等々力陸上競技場ほか=6試合)川崎が2位G大阪を5-0で下し、2年ぶり3度目のリーグ制覇を果たした。4試合を残しての優勝は2010年の名古屋の3試合を上回る最速。年間勝ち点75、勝利数24も34試合制の05年以降(2ステージの15、16年を含む)で最多となった。

川崎は家長が3得点するなど持ち前の攻撃力で圧倒した。G大阪は勝ち点58のままで、残り4試合で川崎を上回る可能性がなくなった。

柏はオルンガの今季25点目などで鹿島に4-1で快勝。C大阪は大分、清水は横浜FC、仙台は鳥栖にそれぞれ勝ち、湘南―広島は引き分けた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン