/

柔道マスターズ、五輪代表の浜田が2位 原沢と向は敗退

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会最終日は13日、ドーハで男女計5階級が行われ、東京五輪女子78キロ級代表で2018年世界女王の浜田尚里(自衛隊)が決勝でマドレーヌ・マロンガ(フランス)に優勢で敗れた。初戦の2回戦から3試合連続で一本勝ちしたが、19年世界選手権決勝で敗れた相手に再び屈した。

女子78キロ級準決勝 オランダ選手(左)を破り決勝進出の浜田尚里(13日、ドーハ)=国際柔道連盟提供・共同

東京五輪男子100キロ超級代表で16年リオデジャネイロ五輪2位の原沢久喜(百五銀行)は初戦の2回戦でウクライナ選手に一本負けし、敗退した。足技に倒れた際に右肩を負傷したとみられる。五輪2連覇中のテディ・リネール(フランス)は決勝に進出。

東京五輪男子90キロ級代表の向翔一郎(ALSOK)は2回戦でベカ・グビニアシビリ(ジョージア)に寝技で一本負けして敗退が決まった。

男子100キロ級と女子78キロ超級に日本勢は出場しない。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン