/

長谷部「重圧と喜び」 Eフランクフルトと契約延長で心境

長谷部誠=ゲッティ共同

【ベルリン=共同】サッカーのドイツ1部リーグで、アイントラハト・フランクフルトとの契約を来季まで1年延長した37歳の長谷部誠が10日、オンラインで記者会見し「引退しなければいけない年齢に近づいている中で、重圧とともに楽しみや喜びを感じている。一瞬一瞬、一日一日の練習をいとおしく、大切に思える」と心境を語った。

11日は東日本大震災の発生から10年。日本ユニセフ協会を通じ、宮城県南三陸町のあさひ幼稚園の再建を支援するなどしてきた長谷部は「10年前のことは忘れていない。インフラなど10年たって復興したものもあれば、被災地の方々の心の部分はまだ時間が必要だったりもする。この10年というときに、もう一度、被災地、被災者に思いを寄せたい」と話した。

長谷部はJ1浦和からウォルフスブルクへ移籍し、2008年2月にドイツ1部で初出場。ニュルンベルクを経て14年夏からEフランクフルトでプレーし、来季はドイツで15季目となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン