/

楽天・石井GM、三木監督去就「最終戦後に」 CS進出逃し

楽天の石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は4日、三木肇監督の去就について7日のレギュラーシーズン最終戦終了後に判断するとした上で「複数年契約ということもあり、来年も監督をお願いするか、または他のポストを用意するかは、シーズンが終わっていないので、これからいろいろと検討していく段階」と話した。

7回、選手交代を告げ、ベンチに戻った楽天・三木監督。オリックスに競り負け、クライマックスシリーズ進出の可能性が完全に消滅した(4日、京セラドーム)=共同

楽天は4日、オリックスに敗れてクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性がなくなった。

三木監督は2軍監督から昇格した今季、ここまで53勝57敗7分けで4位に低迷。チームが苦戦する中でもドラフト1位新人の小深田大翔内野手を正遊撃手に成長させるなど指導力は高く評価されている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン