/

バルサBの安部、11日に右太もも裏を手術 全治は不明

安部裕葵=共同

【ベルリン=共同】サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナは5日、FW安部裕葵が右太もも裏の腱を断裂し、11日に手術を受けると発表した。全治は不明だが、クラブは術後に状態などを改めて公表するとしている。

2日に行われた2部B(3部相当)のリーグ戦で負傷した。21歳の安部は東京五輪世代のストライカーで、昨夏にJ1鹿島からバルセロナへ移籍し、Bチームでプレーしていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン