/

G大阪が2位確定 J1、川崎は年間最多得点

明治安田J1第33節最終日(16日・ニッパツ三ツ沢球技場ほか=6試合)G大阪は倉田のゴールなどで横浜FCに2-0で快勝し、勝ち点65として2位が確定した。天皇杯全日本選手権と来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を獲得した。

横浜FC-G大阪 前半、先制ゴールを決めるG大阪・倉田(16日、ニッパツ)=共同

横浜FCの元日本代表FW三浦は後半途中から出場し、自身の持つJ1最年長出場記録を53歳9カ月20日に更新した。

川崎は浦和を3-1で下し、34試合制となった2005年以降で年間最多得点となる85点に達した。三笘は今季13点目を決め、プロ1年目での最多ゴール記録に並んだ。

C大阪は鳥栖に1-2で敗れ、勝ち点59のまま。柏はオルンガの得点で広島に1-0で勝利。仙台は清水に、大分は湘南に競り勝った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン