/

コロナ対策の規則改案「導入せず」 日本ラグビー協会理事会

日本ラグビー協会は15日、オンラインで理事会を開き、国際統括団体ワールドラグビーが新型コロナウイルス対策として発表した、スクラムの組み直しをなくすなどの一時的な規則改案を導入しないことを決めた。岩渕健輔専務理事は「適応する時間が少なく、プレーの混乱が予想されて安全にも支障があるから」と説明した。

昨年のワールドカップ(W杯)では強化委員長として日本の8強入りを支えた藤井雄一郎理事からは、2019年大会の報告と、次回23年大会に向けた強化案について資料が提出された。関係者によると、トップリーグの上位チームがニュージーランド、オーストラリアのチームと対戦する機会を設けるなどの長期的プランが盛り込まれ、今後議論していく。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン