/

阪神・佐藤輝、開幕ヤクルト戦デビュー 「持ち味出せば結果」

「新人王」から「球界を代表する選手」を目指し、大物ルーキーが注目のデビューを迎える。阪神のドラフト1位、佐藤輝(近大)は26日のヤクルトとの開幕戦(神宮)で先発出場する見込み。24日は甲子園球場に隣接する室内練習場で打撃練習に励み「自分が持っているものを出せば、いい結果は出る」と自信たっぷりの表情で言った。

ドラフト会議で4球団が競合した逸材は、阪神に入って一挙手一投足が注目されても浮足立つことがなかった。キャンプでは「確率よく、しっかり長打を打てるようにするのが課題」と持ち味を発揮することに集中。初打席から本塁打を放ったオープン戦は出場12試合で12球団最多の6本塁打、打率3割2厘、9打点とファンを沸かせた。

初球の打率が5割と1球目から仕留める準備と集中力が光る。「甘いところにきたボールは自分のスイングができれば捉えられる」と手応えを口にし、6発のうち4本を逆方向に放り込むパワーも規格外だ。ただ、対左投手で2本塁打を放っていても打率は2割1分4厘。追い込まれてからの対応にも課題を残した。

公式戦は相手の攻めも数段厳しくなる。オープン戦とは別物と強調し「一からという気持ちでやっていきたい。シーズンで結果を残さないといけない」と力を込めた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン