/

53歳カズ、J1最年長出場 中山の記録を大幅更新

サッカーJ1横浜FCの元日本代表FW三浦知良が23日、川崎市等々力陸上競技場で行われた第18節の川崎戦で先発出場し、53歳6カ月28日のJ1最年長出場記録を打ち立てた。今季リーグ戦初出場で、2012年に札幌の中山雅史がマークした45歳2カ月1日を大幅に塗り替えた。後半11分に交代し、ゴールはなく試合は2-3で敗れた。

ブラジル時代を含めてプロ35年目の三浦は8月のYBCルヴァン・カップ2試合に先発出場し、リーグ戦では13日の名古屋戦で初めてベンチ入りしていた。J1でのプレーは07年12月以来約13年ぶり。今後は1994年にジーコ(鹿島)がマークした41歳3カ月12日のJ1最年長得点記録の更新も期待される。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン