/

ボッチャテスト大会、選手不参加で実施 組織委

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は26日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、パラリンピックのボッチャのテスト大会(有明体操競技場)は選手不参加の形で実施すると明らかにした。日本協会や組織委のスタッフが選手役を務め、車いすの動線や競技エリア、スコアボードなどをチェックする。当初の28日から3日間の日程を変更し、29日、3月1日に行う。観客やメディアは入れない。

3月6~8日のスポーツクライミングのテスト大会(青海アーバンスポーツパーク)についても、規模縮小などを検討している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン