その他スポーツ

世界陸上、22年7月開催に変更 五輪の1年延期で

2020/4/8 23:30
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=共同】世界陸連は8日、新型コロナウイルスの感染拡大で、東京五輪が来夏に1年延期になったことを受け、2021年8月6~15日に開催を予定していた世界選手権(米オレゴン州ユージン)を、22年7月15~24日の日程に変更すると発表した。

22年7月下旬から8月にかけて行われる国際総合大会の英連邦大会(英バーミンガム)、陸上の欧州選手権(ミュンヘン)との重複を避け、3大会への出場が可能となるように日程を調整した。22年夏は大規模大会が続く異例のシーズンとなり、セバスチャン・コー会長は「世界中の陸上ファンにとって、当たり年になる」とコメントを発表した。

世界選手権は1983年の第1回ヘルシンキ大会から91年の第3回東京大会までは4年ごと、93年の第4回大会以降は2年ごとに開催され、偶数年の実施は初めてとなる。

東京五輪は21年7月23日~8月8日に開催される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 【ニューヨーク=共同】世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は28日、競技再開に向けた新型コロナウイルス感染防止対策のガイドラインを公表し、バット、グラブ、ヘルメットといった用具を他の選手と使い回さな …続き (8:21)

利用が再開されたNTCで練習後、オンラインで記者会見する飯塚翔太(28日)=共同

 陸上男子短距離の飯塚翔太(ミズノ)が28日、同日から利用再開となった東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)の陸上トレーニング場で練習し、「久々にトラックで走って楽しかった。におい …続き (28日 22:29)

松田は昨年9月のワールドゲームズで条件付き東京五輪出場権を獲得した=共同

 東京五輪で初採用されるサーフィンの代表権を条件付きで獲得している松田詩野(17)がこのほどオンラインでの取材に応じ、「今はトレーニングする時間がたくさんある。1年後にもっと自信を持って挑めるメンタル …続き (28日 20:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]