その他スポーツ

男子フルーレ、敷根ら本戦へ フェンシング世界選手権

2019/7/18 11:52
保存
共有
印刷
その他

【ブダペスト=共同】フェンシングの世界選手権第3日は17日、ブダペストで個人2種目の予選が行われ、男子フルーレはアジア選手権個人で優勝した敷根崇裕(法大)や2017年世界選手権2位の西藤俊哉(長野ク)、松山恭助(JTB)、三宅諒(フェンシングステージ)の全員が20日の本戦出場を決めた。

女子サーブルではリオデジャネイロ五輪代表の青木千佳(ネクサス)と、田村紀佳(旭興業)が本戦に進み、福島史帆実(セプテーニ・ホールディングス)と江村美咲(中大)は敗退した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 1964年東京五輪で初採用されて以降、数々の金メダルを日本にもたらしてきたお家芸、柔道。競技が国際化するなか、日本の柔道家たちが貫くのは「柔よく剛を制す」美しい一本。そのこだわりをビジュアルで解説す …続き (2:00)

 国際卓球連盟公認の賞金大会「T2ダイヤモンド」は21日、シンガポールで行われ、男子シングルス1回戦で張本智和(木下グループ)はシンガポール選手に4―1で、丹羽孝希(スヴェンソン)はブラジル選手に4― …続き (0:07)

日本―スロベニアの前半、シュートを決める大山(21日、国立代々木競技場)=共同

 東京五輪のテスト大会を兼ねたハンドボールの女子ジャパンカップ第1日は21日、国立代々木競技場で行われ、日本はスロベニアと28―28で引き分けた。前半は大山(北国銀行)や藤田(ドルトムント)の得点など …続き (21日 22:29)

ハイライト・スポーツ

[PR]