/

広島・菊池涼介が守備率10割 二塁手で両リーグ初

(更新)

広島の菊池涼介内野手が11日、二塁手として両リーグで初めてシーズン守備率10割を達成した。今季最終戦の中日24回戦(マツダスタジアム)に出場せず、1987年の高木豊(大洋)、94年の白井一幸(日本ハム)の9割9分7厘を抜いた。「少しほっとしている。きわどい球をいかずに達成した記録ではなく、攻めた結果で達成できたのはうれしい」と喜んだ。

シーズン守備率10割を達成し、ファンの声援に応える広島・菊池涼(11日、マツダ)=共同

菊池涼は今年10月15日の巨人戦で、93年に和田豊(阪神)がマークした二塁手のシーズン連続守備機会無失策記録の432を更新。今月10日のヤクルト戦で「503」に伸ばした。プロ野球記録は94年に白井が記録した545。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン