/

日本代表、8日にシリア戦 サッカーW杯アジア予選

シリア戦に向けて調整する日本イレブン(7日、マスカット)=共同

【マスカット=共同】サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選E組で、日本は8日午後5時(日本時間午後10時)からオマーンの首都マスカットでシリアと対戦する。試合前日の7日、ハリルホジッチ監督は記者会見に臨み「難しい試合になるだろう。われわれは真の姿を見せなければならない」と意気込んだ。

チームは試合会場で冒頭以外を非公開で最終調整し、本田(ACミラン)香川(ドルトムント)ら全23選手が芝の感触を確かめるように体を動かした。

E組は3戦全勝で勝ち点9のシリアが1位、2勝1分けで同7の日本が2位で首位攻防の一戦となる。過去の対戦成績は日本の7勝1分けで、国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本の55位に対してシリアが123位。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン