サッカー

ヨルダン・アリ王子、FIFA会長選に再立候補

2015/9/10付
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)前副会長で、今年5月のFIFA会長選挙に敗れたヨルダンのアリ王子が9日、来年2月26日に行われる会長選挙に再び立候補すると表明した。

首都アンマンでの演説をインターネット経由で中継。「ブラッター会長に挑戦したのは私だけ。私には変革への勇気がある。今のFIFAにそれができるとは思わない」と支持を訴えた。選挙公約も発表、会長や理事会の権限を明確に規定することや、2018年と22年のワールドカップ(W杯)招致に絡む不正疑惑の報告書を全面公開することなどを盛り込んだ。

FIFA会長選には、5月の選挙でアリ王子を支持した欧州サッカー連盟(UEFA)のプラティニ会長(フランス)や、FIFA元副会長の鄭夢準氏(韓国)らが立候補の意向を表明している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 【ロンドン=共同】サッカーの2020年欧州選手権予選は13日、各地で行われ、G組のポーランドとI組のロシアが各組2位以内を確保して本大会出場を決めた。
 G組首位のポーランドは2―0で北マケドニアを下 …続き (9:20)

 【ウエスカ(スペイン)=共同】サッカーのスペイン2部リーグで13日、ウエスカのFW岡崎慎司は本拠地のラシン戦にフル出場したが、得点はなかった。試合は1―1で引き分けた。
 サラゴサのMF香川真司は敵地 …続き (9:15)

 【ケルン(ドイツ)=共同】J1神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が13日付の大衆紙ビルトのインタビューで、今季で切れる神戸との契約について「これまで幹部からは何も話がなく、自分の日本 …続き (13日 23:52)

ハイライト・スポーツ

[PR]