/

ラグビー日本代表、ボランティアに参加 台風被害の千葉で

台風被害を受けた千葉県富津市の災害ボランティアセンターは30日までに、ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で初の8強入りを果たした日本代表の選手が28、29日に災害復旧のボランティア作業に参加したことを明らかにした。

同センターのフェイスブックによると、田村優(キヤノン)、稲垣啓太、堀江翔太、松田力也(以上パナソニック)、流大、北出卓也(ともにサントリー)の各選手が作業を行った。関係者によると、有志による参加で、富津市以外で活動した選手もいるという。

W杯では台風19号の影響で3試合が中止となり、岩手県釜石市での試合がなくなったカナダ選手が同市でボランティア活動をした。日本は20日に準々決勝で南アフリカに敗れ、チームは翌日に解散していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン