プロ野球

ソフトバンク・松坂、2回1失点 2軍で実戦復帰

2015/5/20付
保存
共有
印刷
その他

右肩の筋肉疲労のため、調整が遅れているソフトバンクの松坂大輔投手が20日、ウエスタン・リーグのオリックス戦(高知市営)で実戦復帰した。0-0の六回から2番手で登板し、2回で打者8人を相手に2安打1失点。「とりあえず普通に投げられたので一安心。全体的に球が高かった。ゲームで投げて、修正していきたい」と言った。

ウエスタン・リーグのオリックス戦で実戦復帰したソフトバンク・松坂(20日、高知市営)=共同

ウエスタン・リーグのオリックス戦で実戦復帰したソフトバンク・松坂(20日、高知市営)=共同

実戦は3月17日のロッテとのオープン戦以来で「長かった」と胸の内を明かした。六回に先頭の堤裕貴内野手に138キロの高めの直球を中越え三塁打とされると、岩崎恭平内野手には左犠飛を許して5球で失点した。カーブ、スライダー、カットボール、シュートを交えて計32球を投げ、最速が142キロ。2三振を奪った。次回は24日に同リーグの広島戦(中津)で登板する予定。倉野信次2軍投手コーチは「試合で投げながら状態を上げていく。コンディションは問題ない」と話した。

米大リーグから9年ぶりに日本球界に戻った松坂は4月2日に右肩疲労で一定期間のノースロー調整を決めた。今月5日にブルペン投球を再開し、打撃投手を経ずに実戦のマウンドに上がった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

6回ロッテ無死満塁、田村が中前に勝ち越しの2点打を放つ(メットライフドーム)=共同

 ロッテ・田村には2割台半ばの打率には表れない勝負強さがある。六回、清田の同点打が飛び出したあとの無死満塁。チェンジアップに「泳がされた」といいつつ、うまくバットに乗せて中前への勝ち越し2点打とした。
…続き (16日 22:05)

8回ヤクルト無死、村上が左越えにこの試合2本目の本塁打を放つ(16日、マツダ)=共同

【ヤクルト6―4広島】ヤクルトが4本塁打を含む12安打で勝った。1―1の三回に山田哲が勝ち越し二塁打を放ち、四回に一発を打った村上が5―3の八回は35号ソロ。高橋は要所で変化球を決め、七回途中3失点で4勝目。広島は大瀬良がヤクルト戦初黒星。 …続き (16日 18:22更新)

ヤクルトの寺原隼人投手

 ヤクルトの寺原隼人投手(35)が今季限りでの現役引退を決意したことが16日、球団関係者の話で分かった。昨オフにソフトバンクを自由契約となり、今季からヤクルトに加入。開幕ローテーション入りしたが、7月 …続き (16日 14:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]