/

坂本SP2位、ザギトワが首位発進 世界フィギュア

フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で全日本選手権女王の坂本花織(シスメックス)が2連続3回転ジャンプを決めるほぼミスなしの演技を見せ、ルール改正後の自己ベストの76.86点で2位につけた。

フィギュアスケート世界選手権の女子SPで演技を終え、笑顔の坂本花織(20日、さいたまスーパーアリーナ)=共同

今季の国際大会6戦全勝で初出場優勝を目指す16歳の紀平梨花(関大KFSC)は大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を失敗し、70.90点で7位と出遅れた。昨年3位の宮原知子(関大)は70.60点で8位となった。2018年平昌冬季五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が82.08点で首位発進した。

ペアSPでは昨年2位のエフゲニア・タラソワ、ウラジーミル・モロゾフ組(ロシア)がルール改正後の世界最高となる81.21点でトップに立った。日本勢は出場なし。

21日に男子SPで冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)、2月の四大陸選手権覇者の宇野昌磨(トヨタ自動車)らが登場する。22日に女子フリー、23日に男子フリーが行われる。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン