/

羽生・紀平ら代表に 4月のフィギュア国別対抗戦

日本スケート連盟は31日、フィギュアの世界国別対抗戦(4月15~17日・丸善インテックアリーナ大阪)に出場する日本代表を発表し、男子は世界選手権で銅メダルを獲得した羽生結弦(ANA)と宇野昌磨(トヨタ自動車)、女子は紀平梨花(トヨタ自動車)坂本花織(シスメックス)が名を連ねた。

ペアは三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)、アイスダンスは小松原美里、小松原尊組(倉敷FSC)が選ばれた。木原がチームの主将を務める。日本は2017年大会以来2大会ぶりの優勝を目指す。

日本、ロシア、米国、カナダ、イタリア、フランスの計6カ国が参加し、世界選手権男子で3連覇のネーサン・チェン(米国)、女子で初制覇のアンナ・シェルバコワ(ロシア)がエントリー。男女各2人とペア1組のショートプログラム(SP)、アイスダンス1組のリズムダンス(RD)、それぞれのフリーの順位ごとに与えられる得点の合計で争われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン