プロ野球

ソフトバンク、首位返り咲く オリックスは10残塁

2015/5/20付
保存
共有
印刷
その他

オリックスに勝利し、ナインを迎えるソフトバンクの(右から)工藤監督、バリオスら(20日、ヤフオクドーム)=共同

オリックスに勝利し、ナインを迎えるソフトバンクの(右から)工藤監督、バリオスら(20日、ヤフオクドーム)=共同

ソフトバンクが首位に返り咲いた。0-1の一回に李大浩の2点打で逆転。三回に内川の適時打で加点し、6人の継投で逃げ切った。5番手バリオスが17連続ホールドのプロ野球タイ記録。オリックスは10残塁。あと1本が出なかった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

7月5日のDeNA戦で3ランを放ち、「丸ポーズ」でナインに迎えられる巨人・丸。チームにも溶け込んだ=共同

 巨人が21日、横浜スタジアムでのDeNA戦に勝って37度目のセ・リーグ優勝を決めた。5年ぶりの王座奪回を果たしたチームで「優勝請負人」の期待に応えたのが丸だ。フリーエージェント(FA)移籍1年目の今 …続き (19:31)

6回ソフトバンク無死一塁、柳田が右中間に適時三塁打を放つ(22日、京セラドーム)=共同

【ソフトバンク6―5オリックス】ソフトバンクは明石の先頭打者本塁打、柳田の適時打で一回に2点を先取。 …続き (19:32更新)

1回、引退試合の登板を終え、小川監督(手前)にねぎらわれるヤクルト・館山(21日、神宮)=共同

 ヤクルト一筋でプレーし、ともに今季限りで引退する館山昌平投手(38)と畠山和洋内野手(37)が21日、神宮球場での中日24回戦に引退試合として臨んだ。
 17年間のプロ生活を終える館山は先発して大島を …続き (21日 22:21)

ハイライト・スポーツ

[PR]