/

バド五輪出場権、ポイント争い期間に21年1~5月を追加

世界バドミントン連盟(BWF)は27日、来夏に延期となった東京五輪・パラリンピックの出場権に関する新たな規定を発表し、五輪では2019年4月末から20年4月末までとしていたポイント争いの期間に、21年1~5月の17週間を追加した。新型コロナウイルスによって延期、中止となった大会が対象となる。

今年3月の全英オープンまでに獲得したポイントは維持される一方で、同オープン後に中断されていたワールドツアーで今年9~12月の新日程に組み込まれた大会のポイントは対象外となる。

日本勢ではシングルスで男子の桃田賢斗(NTT東日本)、女子の奥原希望(太陽ホールディングス)や山口茜(再春館製薬所)らが東京五輪出場を確実としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン