スポーツ > 相撲 > 記事

相撲

貴景勝「11月場所も優勝したい」 朝乃山は正代昇進に刺激

2020/10/28 19:46
保存
共有
印刷
その他

大関貴景勝=共同

大関貴景勝=共同

大相撲の2大関が28日、11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けて報道陣の電話取材に応じた。貴景勝は小結だった2018年九州場所以来2年ぶりの賜杯獲得へ「毎場所優勝したい。それしか考えていない」と決意を語り、朝乃山は正代の昇進で3大関になったことに刺激を受け「負けたくない気持ちも出てくる」と話した。

貴景勝は東京都台東区の千賀ノ浦部屋でぶつかり稽古などで汗を流した。今後は相撲を取ってペースを上げる方針。22日までの合同稽古で正代と精力的に番数を重ねて「しっかりと身になるものがあった」と述懐した。

秋場所は12勝を挙げたが、優勝は正代にさらわれた。大関の優勝は17年初場所の稀勢の里を最後におらず、24歳の看板力士は「実力があれば優勝すると思う。しっかり仕上げていきたい」と闘志を燃やした。

26歳の朝乃山は墨田区の高砂部屋で幕下力士を相手に20番取った。得意の右四つを意識し「ここからの過ごし方が大事。自分の形や攻め方を意識しながらやっていきたい」と抱負を述べた。賜杯については「結果は後からついてくる」と静かに気合を高めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大相撲11月場所で2度目の優勝を果たした大関貴景勝が1日、初めて綱とりに挑む初場所(来年1月10日初日・両国国技館)に向け、東京都台東区の常盤山部屋で本格始動した。報道陣の電話取材に応じ「一生懸命頑張 …続き (12/1)

大相撲11月場所をともに途中休場した正代、朝乃山の両大関が30日、報道陣の電話取材に応じ、初めてかど番で迎える初場所(来年1月10日初日・両国国技館)への意欲を語った。
新大関場所で左足首を負傷した正代 …続き (11/30)

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)に「注意」を決議された横綱鶴竜の師匠、陸奥親方(元大関霧島)は26日、部屋の稽古が再開する来週に鶴竜と今後の稽古方針などについて話し合う意向を明かした。「 …続き (11/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]