/

冬季高校総体、無観客で開催へ 国体も実施

全国高等学校体育連盟(全国高体連)は13日、オンラインで臨時理事会を開き、長野県で実施するスケートなどの全国高校総合体育大会(インターハイ)冬季大会を予定通り開催する方針を確認した。新型コロナウイルスの感染対策としてスケートやアイスホッケーは関係者の数を削減した上で無観客で実施する。

スケートは21~24日、アイスホッケーは21~25日、スキーは2月7~10日に行われる。長野県で緊急事態宣言が発令されるなど感染状況が悪化した場合は再度、開催可否を判断する。

緊急事態宣言の対象地域に追加された岐阜、愛知両県で今月下旬に開催される国民体育大会冬季大会のスケートとアイスホッケーも予定通り実施の方向。日本スポーツ協会によると観客を入れる予定だったが、無観客も含めて扱いを検討する。秋田県で2月に開催するスキーは、無観客が既に決まっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン