/

ソフトバンク周東、11試合連続盗塁 プロ野球記録に並ぶ

ソフトバンクの周東佑京内野手が28日、ペイペイドームで行われたロッテ20回戦の三回に二盗を決め、1971年と74年に福本豊(阪急)が作った11試合連続盗塁のプロ野球記録に並んだ。16日の楽天戦から続けて計13盗塁、これが今季47盗塁目となった。

3回ソフトバンク2死一塁、打者川島のとき、二盗を決める周東。二塁手中村奨。11試合連続盗塁のプロ野球記録に並んだ(28日、ペイペイドーム)=共同

育成ドラフト2位で2018年に入団した周東は、支配下登録された昨季は主に代走で出場し、4月9日の日本ハム戦で初盗塁をマークするなど25盗塁。今季は9月中旬から1番打者に定着している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン