/

バスケ男子の新リーグ、1部基準に5000人本拠地

バスケットボール男子のナショナルリーグ(NBL=13チーム)とTKbjリーグ(22チーム)の統合を主導するタスクフォース(特別チーム)は25日、来年10月スタートの新リーグでチームを1~3部に振り分ける基準を発表し、1部のチームには5千人規模のホームアリーナ確保や、2億5千万円以上の年間売り上げ収入を求めることになった。2部のアリーナは3千人規模とした。

アリーナは新リーグ3季目となる2018~19年の開幕時までの着工が条件で、ホームゲームの8割開催を求める。両リーグのチーム代表を集めた説明会では、複数会場を本拠地に考える一部チームが反発したが、特別チームの川淵三郎チェアマンは記者会見で「アリーナは一つ。県の中であちこちに持つことはあり得ない」と語った。

1、2部のチームには債務超過でないことなど財務面の条件や、ユースチームを有することも求めた。これまで12~20チームとしてきた1部は、少数精鋭を求める国際連盟(FIBA)の強い要望を受けて12~16チームに軌道修正した。

リーグ統合はFIBAが日本協会に科している国際試合出場停止処分を解除する上で最大の懸案。FIBAのワイス財務部長は「6月には処分を解除できるのではないかという感触を得ている」と進展を評価した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン