/

日本が台湾に惜敗、九回猛攻及ばず 日米野球の壮行試合

9日に開幕する日米野球に出場する日本代表は7日、ヤフオクドームで台湾代表と壮行試合を行い、5-6で敗れた。

日本は五回に岩貞(阪神)が3ランを浴びるなど5点を失うと八回に高梨(楽天)がソロを許した。打線は九回、先頭打者の田中(広島)の二塁打を足場に山田哲(ヤクルト)の適時打や外崎(西武)の2点適時打などで5点を奪ったが及ばなかった。

米大リーグ(MLB)オールスターチームと戦う日米野球は9日に東京ドームで開幕。第4戦はマツダスタジアム、第5、6戦はナゴヤドームで行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン