/

違法薬物検査で陽性なし ラグビーTL、全選手対象に実施

日本ラグビー協会は1日、トップリーグ(TL)に所属する全選手を対象にした違法薬物検査を実施し、検査を受けた692人全員が陰性だったと発表した。薬物事件の再発防止のため、TL3節分の開催を休止したことを受けての取り組み。帰国した外国籍選手や体調不良などの事情で受けられなかった192人については今後抜き打ちで検査を実施する。

参加16チームに対してはコンプライアンス(法令順守)の再徹底など3項目の取り組みを行ったことを証明する書面を求め、全チームから提出があった。TLの太田治チェアマンは「(検査で陽性はなく)潔白を証明することができたと考えている。日本最高峰の名にふさわしいリーグを目指し、ファンと強固な信頼関係を構築していきたい」とコメントした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン