/

スピード小平「収穫あった」 非公式記録会、500で37秒71

日本スケート連盟によるスピードスケートの非公式記録会が24日、長野市エムウエーブで行われ、500メートルで女子の小平奈緒(相沢病院)は男子と同走し37秒71だった。「今チャレンジしていることに集中して取り組めた。次のレースに生かせる」と語った。

女子500メートルで滑走する小平奈緒(24日、エムウエーブ)=共同

自身よりスピードのある男子選手の背中を追いかけることで「目標としているようないいイメージをいただけた。収穫があった」と満足げに振り返った。来季を見据え、以前から注目していたという新しいスケート靴の刃も試したという。

新型コロナウイルスの影響で日本勢は今季の国際大会参加を見送った。実戦に近い場を設けるための記録会で、25日も実施される。女子の高木美帆(日体大職)や男子の新浜立也(高崎健康福祉大職)は不参加。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン