/

中矢・宇高が優勝 世界柔道、五輪金の松本は2回戦敗退

【チェリャビンスク(ロシア)=共同】柔道の世界選手権第3日は27日、ロシアのチェリャビンスクで男女各1階級が行われ、男子73キロ級はロンドン五輪銀メダリストで25歳の中矢力(ALSOK)が2011年以来2度目、女子57キロ級は29歳の宇高菜絵(コマツ)が初優勝を果たした。今大会の日本の金メダルは女子48キロ級の近藤亜美(三井住友海上)、男子66キロ級の海老沼匡(パーク24)に続き4個となった。

中矢は決勝でホン・ククヒョン(北朝鮮)に一本勝ちし、この階級は日本勢4連覇。前回優勝の大野将平(旭化成)は4回戦で李栄淮(韓国)に一本を奪われ敗退した。

宇高は決勝で10年大会準優勝のテルマ・モンテイロ(ポルトガル)を延長で破った。ロンドン五輪金メダリストの松本薫(フォーリーフジャパン)は2回戦で昨年準優勝のマルティ・マロイ(米国)に一本負けした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン