/

男子60障害、泉谷が日本新で優勝 陸上の日本室内選手権

陸上の日本室内選手権第1日は17日、大阪市の大阪城ホールで行われ、男子60メートル障害決勝は泉谷駿介(順大)が7秒50の室内日本新記録で制した。石川周平(富士通)が0秒07差の2位、金井大旺(ミズノ)は7秒60で3位。高山峻野(ゼンリン)はフライングで失格となった。

男子60メートル障害決勝 7秒50の室内日本新記録をマークして優勝した泉谷駿介(17日、大阪城ホール)=共同

女子60メートル障害決勝は青木益未(七十七銀行)が8秒05の室内日本新で優勝。木村文子(エディオン)が8秒12の2位、寺田明日香(パソナグループ)は5位だった。

女子棒高跳びは諸田実咲(中大)が4メートル20で勝った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン