/

2月からの合宿にリーチら ラグビーW杯日本代表候補

日本ラグビー協会は23日、ワールドカップ(W杯)日本大会に向けた2月に始まる代表候補合宿の参加メンバー20人を発表し、W杯代表3次候補選手で主力組のフランカー、リーチ主将(東芝)やFB松島(サントリー)らが名を連ねた。

合宿は2月3日に東京都内で集合。3月1日までは東京都町田市、4~7日は千葉県浦安市、10~20日は沖縄県読谷村を拠点に練習を行い、25日からはニュージーランドに遠征する。ジョセフ・ヘッドコーチは2月14日から合流する。

3次候補の残りのメンバーは、けがでリハビリ中の堀江(パナソニック)らを除いてスーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズの合宿で調整する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン