2019年8月26日(月)

プロ野球

DeNA山崎が最年少150セーブ 26歳、5年目で到達

2019/7/17 22:41
保存
共有
印刷
その他

DeNAの山崎康晃投手が17日、横浜スタジアムで行われた広島15回戦で今季17セーブ目を挙げ、プロ野球史上15人目の通算150セーブを達成した。

史上最年少での通算150セーブを達成し、記念のボードを手にするDeNA・山崎(17日、横浜)=共同

史上最年少での通算150セーブを達成し、記念のボードを手にするDeNA・山崎(17日、横浜)=共同

26歳9カ月での到達は永川勝浩(広島)の28歳7カ月18日を抜く最年少記録。通算275試合目はクルーン(巨人)の250試合、馬原孝浩(ソフトバンク)の267試合に次ぐ3番目のスピード達成だった。

3-1の九回に5番手で登板し、三者凡退に抑えた。

山崎は亜大から2015年にドラフト1位で入団。同年3月31日の広島戦でプロ初セーブを挙げると37セーブをマークして新人最多記録を25年ぶりに更新。昨季まで133セーブを積み上げた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

巨人戦に先発し、6回無失点で12勝目を挙げたDeNA・今永(25日、東京ドーム)=共同

【DeNA3―0巨人】DeNAが無失点リレーで勝った。三回に乙坂の適時打で先制。七回に乙坂の適時三塁打、八回にはソトのソロで加点した。 …続き (25日 22:06更新)

十一回、代打石川が中越えにサヨナラ2ラン=共同

 勝負どころで繰り出した巨人・原監督の一手がずばりと当たった。同点の延長十一回、安打で出た先頭の重信が大胆に二盗を決めると、次の回も見越して打席に立たせていた投手・田口に2ボールから代打・石川をコール …続き (24日 23:15)

7回1失点で13勝目を挙げた日本ハム・有原=共同

 二回、日本ハムの先発有原は先頭モヤに先制ソロを浴びた。打たれたのはこの時点で最速の143キロ。一回から直球にさほどスピードがなかったのは「体重移動がうまくできず、球に力が伝わらなかった」から。
【24 …続き (24日 22:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。