/

レスリング、川井梨紗子が世界選手権出場へ 女子合宿開始

レスリング女子の東京五輪代表、57キロ級の川井梨紗子と62キロ級の川井友香子(ともにジャパンビバレッジ)姉妹らが21日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を始めた。川井梨は東京五輪が延期になったため12月に新設された世界選手権(セルビア)に出場する意向を示し「出るからには優勝したい。五輪のために感覚を確かめ直したい」と抱負を語った。

レスリング女子の強化合宿でポーズをとる(左から)川井梨紗子、川井友香子、土性沙羅(21日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター)=日本レスリング協会提供・共同

合宿は新型コロナウイルスの影響で7月上旬以来、約3カ月半ぶり。他に五輪代表に決まっている53キロ級の向田真優(ジェイテクト)、68キロ級の土性沙羅(東新住建)、76キロ級の皆川博恵(クリナップ)も参加し、初日はマスクをつけながらランニングや打ち込みに励んだ。

6月に右膝を手術し、9月下旬にマット練習を再開したばかりの皆川は、筋肉や心肺機能の回復を重点に置いており「外国人選手とやっておきたいのが本音。(膝の回復が世界選手権に)間に合えば出たい」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン