/

阪神・岩田稔がコロナ感染 球団職員1人も

阪神の岩田稔投手=共同

プロ野球阪神は6日、岩田稔投手(37)と球団職員1人が、新型コロナウイルスの感染を調べる検査で陽性と判定されたと発表した。岩田稔投手は鼻づまりの症状はあるが、発熱などはなく、球団職員も発熱や味覚、嗅覚異常などの症状はないという。現在は2人とも自宅隔離している。

岩田稔投手は大阪桐蔭高時代に1型糖尿病を発症。重症化リスクが高いとされる基礎疾患を抱えており、感染予防には細心の注意を払っていた。

球団は施設を使用する関係者全員に、事前の核酸増幅法による検査を義務付け、2人は5日に陽性と判定された。6日に兵庫県西宮市内の病院で再度検査を実施し、陽性が確定した。管轄の保健所からは、チーム内に濃厚接触者に該当する球団関係者はいないと判定された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン