2018年7月17日(火)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

岩佐が新王者、田中はTKO勝ちでV2 ボクシングW世界戦

2017/9/13 22:53
保存
共有
印刷
その他

 ボクシングのダブル世界戦各12回戦は13日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級タイトルマッチは、同級3位の岩佐亮佑(セレス)が王者の小国以載(角海老宝石)に6回2分16秒TKO勝ちし、新王者となった。小国の出血が激しくなり、レフェリーが試合を止めた。

9回、田中恒成(右)のパンチがパランポンの顔面をヒット(13日、エディオンアリーナ大阪)=共同

9回、田中恒成(右)のパンチがパランポンの顔面をヒット(13日、エディオンアリーナ大阪)=共同

 27歳の岩佐は26戦24勝(16KO)2敗。29歳の小国は試合後に現役引退を表明した。小国の戦績は22戦19勝(7KO)2敗1分け。

 世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級王者の田中恒成(畑中)が、同級13位のパランポン・CPフレッシュマート(タイ)に9回1分27秒でTKO勝ちし、2度目の防衛を果たした。22歳の田中は10戦全勝(6KO)、32歳のパランポンは32戦24勝(10KO)8敗。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

格闘技 一覧

7回、ビック・サルダール(右)のパンチを受け、ダウンを奪われる山中竜也(13日、神戸市立中央体育館)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチ12回戦は13日、神戸市立中央体育館で行われ、チャンピオンの山中竜也(真正)は同級3位のビック・サルダール(フィリピン)に0―3で判定負けし、2度 …続き (13日 21:46)

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチ(13日・神戸市立中央体育館)の前日計量が12日、神戸市内で行われ、チャンピオンの山中竜也(真正)は47.5キロ、挑戦者で同級3位のビック・サルダ …続き (12日 18:06)

調印式を終え、ポーズをとるWBOミニマム級王者の山中竜也(左)とビック・サルダール(11日、神戸市)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチ(13日・神戸市立中央体育館)の調印式と記者会見が11日、神戸市内で行われ、チャンピオンの山中竜也(真正)は2度目の防衛へ「全ての面でレベルアップ …続き (11日 16:38)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]