スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

「横綱大関」38年ぶり 春場所、1大関で横綱が大関兼ねる

2020/1/29 20:08
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会審判部は29日、東京・両国国技館で大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、貴景勝の1大関となるため、横綱が大関を兼ねる「横綱大関」を番付表に記載することを確認した。1982年初場所の西横綱北の湖以来38年ぶりで、この時は琴風の1大関だった。西大関不在の場合、西横綱が「横綱大関」になる。

江戸時代から小結、関脇、大関の三役は欠くことができないため、大関不在の場合は横綱が大関を兼ねる。1955年の3場所を除き、東西で大関が空位になった側の横綱は「横綱大関」と併記されている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

関取との稽古を再開した正代(手前右)。手前左は豊山(25日、東京都墨田区の時津風部屋)=共同

 大相撲の関脇正代が25日、報道陣の代表質問に電話で応じ、7月場所(7月19日初日・両国国技館)に向けて関取との稽古を再開したと明らかにした。東京都墨田区の時津風部屋で幕内豊山と10番ほど取り「一日の …続き (25日 18:06)

 大相撲の関脇御嶽海が24日、報道陣の質問に電話で応じ、3場所ぶりの三役復帰となる7月場所(7月19日初日・両国国技館)に向け、新型コロナウイルスの影響で自粛となっている出稽古の早期解禁を希望した。
  …続き (24日 17:45)

 大相撲の大関貴景勝が23日、報道陣の質問に日本相撲協会を通じて回答し、相撲を取る稽古を同日に再開したと明らかにした。2度目のかど番となる7月場所(7月19日初日・両国国技館)へ向け「久しぶりなのでけ …続き (23日 18:47)

ハイライト・スポーツ

[PR]