プロ野球

西武「検査予定なし」、濃厚接触者おらず 2日に巨人戦

2020/6/3 21:07
保存
共有
印刷
その他

西武の飯田光男球団本部長は3日、練習試合で2日に対戦した巨人の坂本勇人内野手と大城卓三捕手がPCR検査で陽性と判明したことを受け、西武の選手がPCR検査を受ける予定はないと明らかにした。両選手は2日の試合に出場していたが「ジャイアンツさんと保健所が濃厚接触者の特定をしている。そこにライオンズの関係者はいなかった」と説明した。

西武に体調不良を訴える選手はおらず、試合のない4日の練習や5日以降のメットライフドームでの練習試合は予定通り行う。「今までも感染防止には厳しく入念に注意していた。引き続きやっていく」と語った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

西武戦に先発したロッテ・有吉=共同


 千葉の海風も味方に付け、今季初先発のロッテ有吉が白星を飾った。1点差に迫られた六回は無死二塁で西武の山川に初球をたたかれた。逆転の2ランかと思われたが、打球は風速14メートルを超える強風で戻され中飛 …続き (7日 23:11)

七回、吉田正が右中間に2ランを放つ=共同

 好調な選手は運も引き寄せるものだ。オリックスが3―0とリードした五回、吉田正がバットの先で捉えた打球は力なく遊撃へ。だが、不規則回転がかかった球はワンバウンドすると日本ハム・石井の想定外の跳ね方をし …続き (7日 23:09)

6回、今季1号となる2ランを放ち、笑顔でナインの祝福を受けるロッテ・安田(7日、ZOZOマリン)=共同

【ロッテ8―6西武】ロッテが連敗を3で止めた。0―1の五回に藤岡の適時打とマーティンの2点二塁打で逆転。六回に安田の2ラン、 …続き (7日 22:23)

ハイライト・スポーツ

[PR]